スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりデタラメだらけ 安保法制懇「報告書」に重大な欠陥

やっぱりデタラメだらけ 安保法制懇「報告書」に重大な欠陥
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150340
2014年5月21日 日刊ゲンダイ

 集団的自衛権の行使容認に向け、20日から与党協議が始まった。週1ペースで開かれ、自民党は早期決着を急ぐ。だが、ちょっと待ってほしい。与党協議の大前提となる安保法制懇の報告書には、重大な「欠陥」がある。これをベースに解釈改憲を強行するのは大問題だ。

 15日に安保法制懇が安倍に提出した報告書の17ページ。第2章の「あるべき憲法解釈」に次のような記述がある。
<我が国が1956年9月に国連に加盟した際も、国際連合憲章に規定される国連の集団安全保障措置や、加盟国に個別的又は集団的自衛の固有の権利を認める規定(第51条)について何ら留保は付さなかった>

 だが、ここには2カ所の間違いがある。日本が国連に加盟したのは1956年12月18日だ。そして、その際、憲法9条との関係で、集団安全保障のための軍事行為には「留保」を付けているのだ。

 そのことは、1956年から65年に設置されていた政府の憲法調査会の「報告書」に明記されている。1952年6月16日付で国連事務総長宛てに提出された国連加盟申請書において、<軍事的協力、軍事的参加を必要とするような国際連合憲章の義務は負担しないことをはつきりいたしたのであります>とある。この報告書は公文書だ。つまり、動かすことのできない歴史的な事実なのである。

■悪質な捏造か嫌がらせか

 衆院事務局出身で元参院議員の平野貞夫氏がこう言う。
「この『留保』があるから、その後の内閣法制局や政府の解釈が変な文書になったのです。湾岸戦争の際、私は国連平和協力法案の原型作りに関わりました。その際、当時の小沢一郎・自民党幹事長と憲法改正とともに、この部分についても国家の重要事項の変更として国民投票をすべきではないか、と話し合ったほどです。報告書を中心的にまとめた北岡伸一・法制懇座長代理は元国連次席大使ですから、これほど重大な事実を知らないはずありません」

 単純なミスだとすれば、法制懇はそこまでシロウトなのか、ということになるし、責任問題に発展しかねない。

「知ってて<留保は付さなかった>と書いたのなら、憲法解釈について法制懇の論理を成立させるための悪質な捏造です。もしくは、事務方が法制懇の柳井座長や北岡座長代理を困らせるためにわざとやったのか…。いずれにしても、国民を冒涜しています」(平野貞夫氏)

 法制懇の事務局(内閣官房国家安全保障局)は、日付の誤りについては「何らかのミス」と認めたものの、留保の部分については「政府は有識者から報告書を受け取っただけ。答える立場にない」と逃げた。

 ならばと、北岡氏に質問状を送ったが、20日までに返事はない。
 その北岡氏は19日に開かれた自民党の会議で「(法制懇は)総理の私的懇談会なんです。正統性なんかそもそもあるわけがない」とメチャクチャな発言をしていた。

 私的とはいえ、税金から報酬を受け取っているし、法制懇の提言が与党協議でベースになるのだ。

 こんなデタラメな欠陥報告書で、平和国家の形を大きく変えようなんて許されない。平和の党を自任する公明党も、これを問題にすべきだ。

スポンサーサイト

憲法記念日にあたって

平成26年5月3日
生活の党
代表 小沢一郎

本日、日本国憲法は施行から67年を迎えました。
生活の党は、憲法とは、国家以前の普遍的理念である「基本的人権の尊重」を貫徹するために統治権を制約する、いわゆる国家権力を縛るものであるという立憲主義の考え方を基本にしています。また、憲法は、国家のあり方や国法秩序の基本を定める最高法規として安定性が求められる性質のものであります。したがって、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調という憲法の四大原則は引き続き堅持すべきであります。

しかし安倍政権は、戦後一貫した集団的自衛権に関する憲法解釈を、いとも簡単に一内閣の権限のみで変更しようとしています。憲法9条の解釈は、戦後から現在までの長年にわたる国会審議において、国会と政府の共同作業によって練り上げられてきたものであり、国会審議を経ることもなく、一内閣が行う閣議決定によって軽々に変更が許されるものではありません。

生活の党は、憲法9条が容認している自衛権の行使は、我が国が直接攻撃を受けた場合及び周辺事態法にいう日本の安全が脅かされる場合において、同盟国である米国と共同で攻撃に対処するような場合に限られるものと考えます。これ以外の、日本に直接関係のない紛争のために、自衛隊が同盟国の軍事行動に参加することは、歯止めなき自衛権の拡大につながりかねないものであって、現行憲法9条は全くこれを許していないと考えます。

一方で、憲法は、国民の生命や財産、人権を守るために定められ、平和な暮らしを実現するための共同体のルールとして国民が定めたものなので、四大原則を守りつつも、時代や環境の変化に応じて必要があれば改正すべき点は改正すべきです。生活の党は、国民がより幸せに、より安全に生活でき、日本が世界平和に貢献するためのルール作りをめざし、国民とともに積極的に議論して参ります。

10月 2日生活の党代表 小沢一郎 衆議院議員 定例記者会見

10月 2日生活の党代表 小沢一郎 衆議院議員 定例記者会見
 << 作成日時 : 2013/10/03 01:08 >>
http://4472752.at.webry.info/201310/article_3.html
2013年10月12日 :{銅のはしご ブログ}拡散としての転載です。


 小泉氏は現場を離れて,公平に高みから眺めてみると,やはり脱原発だという心境に至ったのだろう。

 大臣の国会出席の日数は,国会運営の話しであり,冷静に,公平に考えれば,自ずと結論は出る。

 皆なが自分たちの目先の利害は捨てて,日本の将来のために,そして国民のために,こうあるべきだというところにできるだけ近付けるような努力をすれば,自然と国民の声を背景にしながら,自民党に代わるグループの結集ができる。


2013年10月 2日 生活の党
代表 小沢一郎 衆議院議員
定例記者会見
http://www.youtube.com/watch?v=1wCuC-oLW3Y
00:21:14 文字起こし


代表 小沢一郎 衆議院議員 会見 
 特別はありませんけれども,暫らく,常会以来,久しぶりの会見だと思いますけれども,もうすぐ臨時会も召集されるようですので,また色んなテーマがありますので,その中でさっき常任幹事会でメンバーの皆さんも我々の主張をきちっと打ち出して行こうということでやっておりました。
 皆さんの報道の材料には,なかなか,我が党が小さい所帯で,ならないかも知れませんけれども,精一杯やって行きたいと思いますんで,よろしくお願いします。

代表 小沢一郎 衆議院議員 質疑応答

司会 幹事長代理玉城デニー 衆議院議員
 では,質問に移ります。沢山(の記者の方にマイクを)回したいと思いますので,なるべくひとり一問ずつでお願いします。


TBSテレビ ; 先日,民放の番組で3年後の総選挙を集大成にしたいと仰っていましたが,そのお心,お気持ちをもう一度お聞かせ下さい。

代表 小沢一郎 衆議院議員
 俗に予想されているのは,3年後の衆参ダブル選挙ということだろうと思います。任期で言えばその後まだ半年はあるんですけれども,多分そうなるだろう,と。
 そしてこれは,今日(こんにち)の政治状況のまま3年後を迎えますと...政治状況っちゅうのは,各派のあるいは各党の,そういった意味での政治状況ですよ。ですと,また自民党政権が否応なしに継続するということに,なりかねないことで,それは,日本の,日本国民の将来にとって,非常によろしくない結果をもたらすことになるだろうと,そう思ってますので,何としてももう一度,3年後の総選挙で政権交代を実現して,そして,政治制度と言うと議会制民主主義を何とか定着させるための,4年前を言いますと二度目の試みになりますけれども,そうしたいと。また,そうしないと日本の前途は非常に悲観的なものとして予想せざるを得ないものになるという思いが非常に強いですので,3年後のダブル選挙・総選挙ということであれば,多分,日本の今後の政治・日本の国の在り方にとって,最後のチャンスになるのではないかというふうに考えているということであります。
 それから,わたくし自身も歳を経てきておりますので,そういう意味でも次の世代に松明を譲りわたしたいという気持ちもありますので,何とか年来の目標であった議会制民主主義を緒に着けて,日本に民主主義が定着できるよう,ほんとうの日本の社会の民主化を実現させる,その第一歩を,今度こそきちんと築いて次の人たちに譲りわたしたい。そう思っているということです。


東京新聞 ; 最近,小泉元総理が脱原発について政治が決断すれば実現すると発言している。生活の党のマニフェスト・政策とも近いと思うが,どう感じられるか。

代表 小沢一郎 衆議院議員
 小泉氏とは別に話し合うわけでもないので,どういう考え・心境の変化か,私はまったく分かりませんけれども,多分,彼も総理大臣を経験して,大きなあるいは高い立場から,冷静に考えた場合に,やはり,この福島の原発事故を契機にして原子力(発電)はやめることにしたほうがいいという思いに至ったんだと思います。
 冷静に日本の現状と将来を考える人であれば大抵,行き着く結論だろうと思います。
 特に事故の対応が,私共ずうっと機会ある度に言っておりますが,まったく放射能の封じ込めが,できていない。(政府・与党は)一生懸命いい加減な話しをして事実を隠しておりますけれども,だんだん,だんだん,隠しきれなくなってくるのではないかと。その時(事態が明らかになる時)は,かなり福島県そして日本にとって悲劇だと思いますけれども,そんなことを現実の政治の場を離れて冷静に見た場合に,そういう思いに至ったのではないかと,そう思います。


読売新聞 ; 国会改革について伺います。自民党公明党あるいは日本維新の会から,総理大臣の国会出席の日数を減らしたりするべきという議論が出ているが,生活の党・小沢代表としての見解を。

代表 小沢一郎 衆議院議員
 総理大臣であれ,他の国務大臣であれ,政府の職務がありますからね。それと,国民の代表たる国会での議論と,どういうふうに兼ね合いを保つかという話しですね。
 だから,与党も野党も(現状の態度には問題がある)ね。
 野党も何でもかんでも総理を引っぱり出さなきゃいかんという根性も良くないし。与党はもう,できるだけ審議はやらないで済まそうという,そういう根性も良くないし。
 ですから,そこは,小泉氏が現場を離れてみて,公平に高みから眺めてみると,やはり脱原発だという心境に至ったことを考えてみても,ちゃんと冷静に,公平に考えれば,自ずと結論は出ることであって,これは制度の話しじゃないですから。運営の話しですから。ただそれをもう少し,合理的な,そしてお互いにそれぞれの職責に忠実に考えていけば,必然的に出てくる話しじゃないかと思います。

<NHK?不明> ; 臨時国会に臨む会派について。先日,社民党の幹事長が記者会見で,生活の党と無所属の方と一緒に会派を組んで国会の活動をしたいと呼びかけていると話したが,臨時国会が15日あたりと迫ってきているが,この呼びかけにどのように答えられるか。

代表 小沢一郎 衆議院議員
 そのことについては、色んなことを言う人もいるようですけれども,私はまだ,正式に聞いておりません。多分,国対レヴェルで,お互いに発言権を,きちんと発言の場を確保していくためには,会派としての規模を大きくした方がいいんじゃないかというような思いで話ししているのではないかと思いますけれども。正式にどうしようかとか何とかということは,私は,聞いておりません。


朝日新聞 ; 少し前のことだが,安倍首相が五輪の招致演説の中で汚染水の問題について「コントロールされている」と述べ,その後も「ブロックされている」と述べている。東電側からは「現状ではコントロールできていない」と発言もあった。今後,安倍政権の行方にも影響してくる問題だと思うが,一連の首相発言についてどのように捉えるか。

代表 小沢一郎 衆議院議員
 現実に事故対応の作業をしている東電が「コントロールされていない」と言い,総理は「(コントロール)されている」と言う。
 この事実を見ただけで,原発事故の処理は,まったく不充分,放射能の封じ込めができていないということを象徴的に現したもんじゃないかと思っております。
 この問題は,日本では,政府そしてまたメディアの諸君の報道にも影響あると思いますけれども,何となく(原発事故が)治まってるような,風化していくような方向にありますけれども,いずれ非常に国民にとって,そして日本にとって,大きなマイナスと言うか痛手と言うか損害と言うか,とにかくさらに大きな問題になって行く。そんなに遠い先の話しではないんじゃないか,と。
 次々次々,今また(汚染 )水が漏れたの,どうしたのこうしたのって出てきてるわけですから。これは直接的には福島県ですけれども福島県だけじゃなくて,地下水は当然,海に自然現象として流れているわけですから,沿岸の漁業もできないという事態になりかねない。
 これはまた太平洋に広く拡がって行くということになれば,国際問題にもなってしまいます。
 今,政府や日本の多くの人たちが考えているような,そんな簡単なものではない。私は,そう思ってます。
 だから,一内閣が駄目になるかならないかなんちゅう程度の話しではない。もちろん政治の責任が一番大きいことは間違いないけれども,被害を被るのは日本国民ですから。そこんとこを充分考えないといけないし,(メディアの)皆さんにもお願いしたいと思います。


産経新聞 ; 以前,消費税8%の判断を総理がした後に野党再編の機運が高まってくるだろうと仰ったが,今後消費税10%に上げる時点,3年後のダブル選挙直前,タイミングはあろうと思うが,野党再編のスケジュール感について。

代表 小沢一郎 衆議院議員 
 それは,分かりませんけれどね,将来のことだから。将来っちゅうか先のことですからね。現実に消費税上げるって政府が決めることは,最初っから分かりきってたことですし。
 ただ,国会が召集されてね,そん中でまた,どのような論議になっていくか。あるいは,その論議に関連しながら,それぞれの国会議員がどういうふうに考えていくか,という問題が一つ。
 それから,国民自身が,消費税(8%)が実施されることに決まったということを,どう受け止めるかという問題。
 それから,今言った,原発の問題。
 それから,TPPが,アメリカが今年中にやっつけちゃいたいんでしょ。その結果がどう出るか。 ということが臨時会と並行して出てくるでしょ。
 ですから,そういう意味で色んな議論が高まる。国民の間でも高まっていく。国民が,現実に肌身で今言ったような問題を感じた時に,政治も動くんじゃないですか。 


毎日新聞 ; 野党再編について。みんなの党の渡辺代表は政党ブロック構想などを掲げている一方,新党結成を目指す動きもあると思うが,小沢代表はそのような動きについてどう考え,動かれるか。

代表 小沢一郎 衆議院議員
 ブロックっちゅうのは,どういうことなの? 俺,よく分かんないんだけど。

毎日新聞 ; 連立内閣みたいな構想です。

代表 小沢一郎 衆議院議員
 「オリーヴの木」的な話しなこと? ああ,そうなの。そういう意味なの。あのう,なんでもいいですけどね。要は,国民が自民党に代わる受け皿のグループができたなという意識を・認識を持つようなものでなければ,意味がない。
 ですから私はずっと以前から色んな所で言うんですけれども,それぞれがね,目先の利害に拘泥していたんではね,とても国民の期待に応えられるようなグループができないと思います。
 自分たちの目先の利害は捨てて,日本の将来のために,そして国民のために,こうあるべきだというところに,できるだけ皆なが近付けるような努力をすれば,自然と国民の声を背景にしながら,できると思います。
 その手法とか経過とかは,それは僕は何も気にしません。
 いいかな? はい,有り難う。

◇ 参照

国民の生活が第一
生活の党 ― People's Life Party ―
http://www.seikatsu1.jp/

http://www.seikatsu1.jp/activity/videos/20131002ozawa-interview.html
生活の党 > 活動報告 > 動画 > 小沢一郎代表記者会見
小沢一郎代表記者会見

NEXT≫
プロフィール

メジナ21

Author:メジナ21
お散歩にようこそ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
動画

【2014年5月26日】小沢一郎代表
   定例記者会見


 

【2014年5月23日】鈴木克昌代表代行・幹事長
   定例記者会見

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。